インプラント

インプラントとは? What is an implant?

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、そのかわりとなる人工歯を補って見た目や機能を回復する必要があります。

インプラントはその治療法の1つで、歯を失った部位の骨の中にチタン製の人工歯根を埋め込み、アバットメントという部品を介して人工歯を装着していきます。

その構造は天然歯に近く、見た目や咬み心地も優れることから、インプラントは『第2の永久歯』として近年注目を集めています。

インプラントのメリットとデメリット Merit Demerit

メリット

よく噛める

インプラントは顎の骨にしっかり固定されるため、何でも美味しく食べられます

見た目がよく、違和感もない

インプラントは天然歯に近い見た目が再現できます。また違和感がないため、会話や食事もこれまで通りお楽しみいただけます。

残っている歯への負担がない

インプラントは健康な歯を削る必要がなく、また顎の骨から直接支持を受けるため、残っている歯に余計な負担をかけることもありません。

耐久性がよく、長期間にわたって使用できる

インプラントにはチタンやセラミックなど耐久性に優れた素材が使用され、10年生存率は90%以上となっています。

デメリット

外科手術をおこなう必要がある

インプラント治療では、はじめに人工歯根を顎の骨の中に埋め込む外科手術が必要です。

保険が適用されず、費用が高額になる

現行の保険制度において、インプラント治療は保険の適応外となっています。そのため他の治療法と比べると費用は高額になります。

治療に時間がかかる

インプラント治療は人工歯根が骨の中で密着するまでに一定の期間が必要なため、他の治療法と比べて治療期間は長くなります。

インプラントとブリッジ・入れ歯のちがい The difference

インプラント
顎の骨の中に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する(固定式) 〇天然歯に近い見た目
〇違和感がない
〇しっかり噛める
〇他の歯にダメージがない
×外科治療が必要
×保険が適用されない
×治療期間が長い
ブリッジ
歯のない部位の両端にある歯へ、橋渡しのようにして人工歯を補う(固定式) 〇比較的よく噛める
〇保険が適用できる
〇違和感が少ない
×歯を削る必要がある
×他の歯への負担が大きい
×汚れがたまりやすい
入れ歯
歯ぐきを床で覆い、その上に人工歯を並べる(取り外し式) 〇治療が簡単
〇治療期間が短い
〇保険が適用できる
×噛みにくい
×違和感が強い
×壊れやすい
×見た目が劣る

矯正治療の流れ Flow

STEP1カウンセリング

患者様のお悩みやご要望をお聞きしたうえで、インプラント治療について(治療内容・期間・費用など)を詳しくお話ししていきます。

STEP2精密検査

矯正治療に必要な種々の検査をおこないます。

STEP3治療内容のご説明

カウンセリングの内容や検査結果を元に立案した治療計画について、わかりやすくご説明していきます。内容をご理解・ご納得いただけたら治療スタートです。

STEP4インプラント手術

顎の骨の中に人工歯根を埋め込む手術をおこないます。

STEP5消毒・抜糸

手術翌日に傷口の消毒をおこないます。その後しばらく経過を見て、縫合した糸を取り除いていきます。

STEP6仮歯(プロビジョナルレストレーション)の装着

骨の中で人工歯根が安定したら、プロビジョナルレストレーションという仮歯を装着し、歯の形態や咬み合わせなどを調整していきます。

STEP7完成品の作製・装着

プロビジョナルレストレーションを元に完成品を作製し、装着していきます。

メンテナンス

インプラントを長くご使用していただくために、治療後は定期的にメンテナンスをおこなっていきます。

ご予約・ご相談はこちら Contact

ご予約は、お電話とLINE@で承っております。
LINE@では歯のお悩みのご相談も可能ですのでお気軽にご相談ください。

LINE@は、歯科医が診療時間外にご返信となります。当日のご予約やお急ぎの場合はお電話からお願いいたします。

10:00〜20:00 - -

土曜日10:00〜18:00日曜祝日休診日

とも歯科クリニック

大阪府大阪市福島区福島5丁目1-1 若杉西梅田ビル1F 福島駅から徒歩1分