咬合治療

『咬み合わせ』は歯科治療の終着点 Occlusion treatment

歯科治療のゴールは「虫歯や歯周病が治ること」「見た目が美しくきれいに仕上がること」ではありません。これらをクリアしたうえで、最後にもっとも重要となるのが上下の歯が正しく咬み合うこと、つまり『咬み合わせ』こそが歯科治療の終着点となります。

歯は私たちが思っている以上に繊細な組織です。上下の歯の間に小さなゴマ粒1つ、細い髪の毛1本でも入り込めば、その感覚を敏感に感じとることができます。つまり歯は咬み合わせのほんのわずかなズレも鋭く察知してしまうわけです。

これだけであれば大きな問題にはなりませんが、そのズレを長く放置していると歯はしだいにそのバランスを崩してしいきます。そしてこのバランスの崩壊はやがて顔貌の変化や体全体のゆがみにまで発展してしまうおそれがあるのです。

そのため当院では従来の歯科治療からさらに一歩先に進んだ『咬合治療』に力を入れ、咬み合わせの安定と全身の健康維持に取り組んでいます。

咬み合わせと全身の健康

どこを調べても原因が特定できない体の不調。その不調の原因の中に実は『咬み合わせ』がひそんでいる可能性があることをご存知でしょうか。

咬み合わせの安定は、顎の周囲の筋肉の安定にもつながっています。咬み合わせにズレが生じると顔や首筋、肩などの筋肉に負担がかかるようになり、その負担がやがて慢性的な肩こりや頭痛を引き起こす要因となっていきます。

また咬み合わせのズレによって周囲の筋肉が常に緊張した状態におかれてしまうと、その緊張がストレスとなって自律神経のバランスを崩してしまうことがあります。たとえば「寝つきが悪い」「ぐっすり眠れない」といった不眠症状の中には、咬み合わせが原因で生じているものも少なくありません。

このよう咬み合わせと全身の健康は密接な関係にあり、咬み合わせの治療をおこなった結果、長年悩んでいた体の不調が改善されたというケースも多くみれれます。原因がわからない不調にお悩みの方は、ぜひご自身の咬み合わせを一度チェックしてもらいましょう。

咬み合わせが悪いことのデメリット

親知らずを抜いたほうがよいケース

顎や顔貌のバランスへの悪影響

咬み合わせが悪いと顎の位置がずれやすく、これによって顔貌にも変化が生じてしまいます。また右側、左側のいずれかでしか咬めない『片咬み』は、左右の筋肉の発達がアンバランスとなって顔貌をゆがませてしまいます。

虫歯・歯周病のリスクの増加

咬み合わせが悪い方の多くは、歯並びにも何らかの問題を抱えています。歯並びが悪いと食べカスやプラークがたまりやすいうえ、歯ブラシもうまく当てられないため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

栄養状態の悪化・胃腸障害

歯は食べ物をこまかく咬み砕き、唾液と混ぜて消化しやすくする役割を担っています。上下の歯が正しく咬み合わないとこの役割が十分に果たせず、栄養状態が悪くなったり、胃腸に大きな負担をかけたりするおそれがあります。

発音障害

たとえば上下の前歯が咬み合っていなかったり、咬み合わせが反対であったりすると、特定の音が発音しにくくなります。このように悪い咬み合わせは発音にも影響を及ぼすことがあります。

全身の慢性的な不快症状

咬み合わせが悪いと顎や頭部の位置が安定しにくく、それがやがて体全体のゆがみの元となり、慢性的な肩こりや腰痛、頭痛などを引き起こすことがあります。

ご予約・ご相談はこちら Contact

ご予約は、お電話とLINE@で承っております。
LINE@では歯のお悩みのご相談も可能ですのでお気軽にご相談ください。

LINE@は、歯科医が診療時間外にご返信となります。当日のご予約やお急ぎの場合はお電話からお願いいたします。

10:00〜20:00 - -

土曜日10:00〜18:00日曜祝日休診日

とも歯科クリニック

大阪府大阪市福島区福島5丁目1-1 若杉西梅田ビル1F 福島駅から徒歩1分